25歳を過ぎると体内のコラーゲンは急速に劣化していきます。コラーゲンの劣化に歯止めをかけるには、コラーゲンを体内に補充すればよいのです。そうすれば、肌が潤い、柔軟性もアップし、みずみずしいハリが蘇るなどの効果が期待できます。変形性膝関節症や骨粗鬆症にも効く可能性もでてきました。また、スキンケアに使うと、天然素材ならではの自然な保湿や、傷をきれいにする効果があることがわかってきています。

● ● ● ● ● ● ● ● コラーゲンMXで期待できる効果! ● ● ● ● ● ● ● ●

コラーゲンは、分解されるとアミノ酸になり、それが栄養素として、再び肌や関節のコラーゲンの原料になるとともに、コラーゲンの断片は、吸収がたいへん良く、コラーゲンを生み出す細胞をより活性化する働きがあるようです。つまり、コラーゲンを生み出す力そのものが高くなるのです。

 

○25歳からはじまる老化現象
「25歳がお肌の曲がり角」と一般的にいわれますが、コラーゲンの劣化が始まる時期と一致しています。コラーゲンは若い頃には正常に機能しますが、誰でも25歳を過ぎると急激に劣化していきます。コラーゲンの劣化により、肌にシワができたり、肌がたるんだり、血管の弾力性が失われることにより、動脈硬化が進み、血圧も上がりやすくなります。また、関節も動きにくくなり、痛みがでてきます。

←back  next→